不幸の原因

人生を不幸にする共通の問題があります。

それは責任感を持たせることです。

責任感とは義務が果たされないことによる負債といっても良いかもしれません。

責任の前提には必ず義務があります。

問題があればだれが責任者かと吊るし上げられてしまいます。

知らなかったといっても誰も納得はしてくれません。

義務や責任感が強い人は非常に重宝されることになります。

責任感の強い人は管理しなくても自分で自主的に義務を果たそうとしてくれるからです。

ただひたすら責任感が強いという事をほめているだけでドンドン仕事をしてくれます。

責任感が強いという事は多くの人に評価されますが、やっている本人には達成感も充実感もありません。

有るのは責任を果たすという重圧感からの開放です。

重圧からの開放の為に行動をしているために責任を果たしても達成感はありません。

あるのは重圧からの開放しかありません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

うつ病は憲法違反

うつ病になるのは、自分の取っている行動や考え方が
憲法違反になるからです。

自分のしていることや考えていることが違法行為になると
思っているとその行動にはブレーキがかかる訳です。

やりたい事があっても法律で禁止されているために実行に
移されないことになってしまいます。

やりたい事が無いのではなく、やりたいことが禁止されて
いる状態が長く続き、どうにもこうにも動けなくなってしまった
状態がうつ病という事になります。

従って、うつ病は病気ではありません。

ルール(憲法や法律)が自分に合っていないというだけの
事です。

憲法や法律はその国のルールですがそれが正しい訳では
ありません。

それを基準にしましょうというだけの事です。

その基本は嫌なことはしない。させないという単純なもの
です。

しかし、嫌なことは人によってさまざまですから矛盾も起きて
きます。

その矛盾の中で動けなくなったのがうつ病と呼ばれているだけ
です。

治すのは、ルールであって解釈ではありません。

ルールは、目的に基づいて作られていますから絶対のもので
あるわけではありません。

自分の中の憲法を変えれば治ってしまう症候群です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

戦う事は悪なのか?

戦争とは軍事力を用いて様々な政治目的を達成しようとする行為(行為説)、または用いた結果生じる国家間の対立状態である(状態説)。

戦争とは、「戦い」「争う」と書きます。

軍事力を用いてかどうかだと思いますが双方のという言葉は介在しません。

両方が軍事力を使わないでも片方が軍事力を行使した時点で戦争は成立してしまいます。

どちらかが宣戦布告すると戦争状態になってしまいます。戦争に双方の同意は必要ない訳です。

日本だけが戦争しないといっていても宣戦布告されれば戦争になる訳です。

軍事力があれば力で解決ししようと思う国があっても不思議ではありません。

核兵器は力の象徴です。我が国はこんなに力があると誇示する為のものとしてある意味脅しているわけです。

力を持てばその力を行使したくなるものです。

アメリカがそうだったでしょう。作ったものは使いたくなるものです。

戦争は反対してもの心と魂の闘いは止むことを知りません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする