「卜」を知る

「卜」は、事柄に対して、より良い対処方法を占う時に使います。

◆奇門遁甲奇門遁甲
諸葛孔明が用いた必勝の方位の占いとして有名になってきています。
諸葛孔明はこの奇門遁甲を用いることによって戦において連戦連勝したと伝えられいます。もともとは、兵法として用いられた占術です。

◆六壬神課
ことがらの吉凶や結末を迎えるまでの経過を的確に予測する雑占の王者です。
中国の漢の時代には、すでに六壬占いもあったようですが、日本では平安時代に、安倍晴明が使ったことは、 「占時略決」等の六壬書が現代にも残っているので、間違いないようです。
つまり、六壬は、陰陽道として、災害や帝の病気の占い、色々な儀式に使われてきたのです。

◆易学
易とは四書(大学、中庸、論語、孟子)五経(易経、書経、詩経、春秋、れたもので古代中国は易によって国家を治めてきたと言われています。

◆九星気学