オフィス素晴瑠について

◆オフィス素晴瑠の特長 

オフィス素晴瑠の特長は、カイロプラクティック療法に心理療法を取り入れ心と身体の痛みを原因から取り除くところにあります。オフィス素晴瑠 看板

伝統的な心理療法(暴露療法)が今まで試みようとしなかったまったく新しい治療法で、身体のエネルギー場に変化を起こし、苦痛をともなう感情をぬぐい去る療法でストレスをクリアにします。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療法として知られているこの療法をカイロプラクティック療法に組み入れた独自の療法でストレスを取り除きます。

健康の3大要素を治療の柱とし、「構造(骨格・筋肉)」、「化学(栄養・食養)」、「精神(ストレス)」の3要素全てを施術・指導対象とし、総合的に健康へのお手伝いをしています。

◆オフィス素晴瑠の施術について 

オフィス素晴瑠では、カイロプラクティックを中心としたマニュアル・メディスン(徒手医学療法)をはじめ、有効と思われる療法を常に研究し、患者さんへの最良の施術を心掛けています。

治療の効果は、筋肉検査(AK)により実感する事が出来ます。体の不調は、脊柱や骨盤のズレだけではなく筋肉、内臓や頭蓋骨の問題が隠されている事が多くあります。

当院ではソフトな施術を中心に骨盤、脊柱矯正から筋肉、内臓や頭蓋骨の調整まで体全体をケアしています。

特に、脳脊髄液の産生を促す頭蓋骨調整は、気持ち良さで眠ってしまう患者さんも多くいます。

◆オフィス素晴瑠の新たな取組について 

健康の3大要素として「構造(骨格・筋肉)」、「化学(栄養)」、「精神(ストレス)」のパランスが上げられます。

今までは、「構造」「精神」の分野を施術対象としていましたが、栄養問題のある患者さんが余りにも多いことに驚きました。

偏った食生活や薬による色々な副作用と思われる症状の多いこと、そのことから口から取り入れるものを無視していては健康を維持できないことを痛感しました。

その事から「構造(骨格・筋肉)」、「化学(栄養)」、「精神(ストレス)」の全てを対象として健康にお手伝いすることにしました。

健康の3大要素から「骨盤を矯正」することにより、内臓下垂を調整し、さらに精神的な「ストレスをクリア」にし、「食養(食物による病気の治療や健康増進を研究する学問)」によるウェイト・コントロールにより、短期間に効果が出ています。

患者さんのウェイト・コントロールのお手伝いにより腰痛改善が出来たと大変喜んでていただいています。

◆オフィス素晴瑠の意味について

「オフィス素晴瑠(すばる)」の名前の由来について、「素晴瑠」の「素晴」は、素晴らしい、「瑠」は、ラピスラズリを意味する瑠璃(るり)からとっています。

天・空・青といった爽快なラピスラズリをイメージカラーとし、健康への永続性を願い、皆さんが爽快な毎日を送れるようお手伝い出来ればと名付けました。

ラピスラズリは、古代エジプトにおいて知られている天空神オシリスの化神(化身)として崇められ、病を治すことにも顕著な効果をもつ石とされてきました。

◆ラピスラズリについて

ラピスラズリは世界的にもっとも古い宝石の一つとして知られ、どこの国でも神が宿る神聖な石、神の答が得られる石として崇められてきました。

この石は持ち主にインスピレーションと知恵、冷静な心を与え、願望を達成させてくれます。また、不幸が近づくと割れたり灰色に色を変えたりして知らせるので、自然と悪いものを避けるようになるようです。

ラピスラズリは、権力や行動を意味する宝石ではありませんが、治癒や愛の宝石とされ大切にされ、主に首にかけられて来ました。

傷つきやすく壊れやすい宝石ですが、古代エジプトやキリスト教の彫刻などにも使われ、ラピスラズリは幸運を呼ぶ宝石と考えられ大切にされてきました。