オフィス素晴瑠の治療体系

◆身体の治療 

身体の治療は、ボディワークと言われていますが身体の痛みや違和感に対する治療がメインになります。治療体系
構造面の治療ということになります。構造から見ると「骨格」「筋肉」「内臓」が主な治療対象です。
カイロプラクティックの対象は、骨格の変位による神経圧迫を改善する事が中心となります。整体やマッサージは、筋肉を刺激することにより、血流やリンパの流れの改善を行います。
CMRTは、カイロプラクティックのSOTの技術の一つで主に内臓調整を行います。その他、脳脊髄液(硬膜)の調整をするのが頭蓋仙骨治療ということになります。
それぞれの技術には特徴があり、単独でも充分効果がありますが、併用するといっそう効果的なようです。

◆精神の治療 

精神の治療は、心の治療でありストレスの治療を行います。ストレス治療は、PTSDやパニック障害やうつ病から嫌な思い出を忘れたいなどのものまで、治療範囲は広範囲に渡ります。

ストレス治療の目的は、記憶と感情の鎖を切り離すことにあります。ある特定の状態に遭遇すると出てくる感情を切り離し、右脳と左脳の混乱やこだわりを無くします。

明確なストレスからの開放を行ないますが、ストレスが明確になっていないクライアントも多くいます。

その場合は、魂(オーラ)の治療により効果が上がっています。

◆魂の治療 

魂の治療は、身体を治療するのではなく、エネルギー場を治療するエネルギーワークと言われています。

魂の治療は、現在の段階では魂そのものを治療するのではなく、魂に影響を与えているオーラやチャクラの治療を行ないます。

オーラに影響しているマイナスエネルギーを取り除くのが目的です。身体の周りを保護しているオーラは、マイナスエネルギーにより虫歯のように侵食されてしまいます。ある程度侵食がすすむと身体に痛みとして現れてきます。

有害なエネルギーか多くなると防御反応を起こし、チャクラを閉じてしまい、その結果エネルギーの供給が絶たれてしまいます。そのマイナスエネルギーがオーラに侵食している部分を取り去る(浄化)のが治療目的です。

◆気功治療について

目に見えないものを対象とした治療として一般的に知られているのが「気功」です。広く利用されているもう一つが「霊気(レイキ)」です。

特にレイキは、誰でもある程度の気功治療が可能になります。

私の治療での位置付けとしては、「気功」が扱う対象は、経絡の脈に流れる気が治療対象であり、身体の中の気の流れの調整を行います。一方エネルギーワークは、身体の外の気の流れを治療対象とします。

原因が自分自身の中にある場合は、経絡を治療し、原因が身体の外部にある場合は、オーラを治療します。

エネルギーワークは、オーラの分類であるオーラル体やアステール体が治療の対象です。身体の治療をする訳ではありません。