うつ病は憲法違反

うつ病になるのは、自分の取っている行動や考え方が
憲法違反になるからです。

自分のしていることや考えていることが違法行為になると
思っているとその行動にはブレーキがかかる訳です。

やりたい事があっても法律で禁止されているために実行に
移されないことになってしまいます。

やりたい事が無いのではなく、やりたいことが禁止されて
いる状態が長く続き、どうにもこうにも動けなくなってしまった
状態がうつ病という事になります。

従って、うつ病は病気ではありません。

ルール(憲法や法律)が自分に合っていないというだけの
事です。

憲法や法律はその国のルールですがそれが正しい訳では
ありません。

それを基準にしましょうというだけの事です。

その基本は嫌なことはしない。させないという単純なもの
です。

しかし、嫌なことは人によってさまざまですから矛盾も起きて
きます。

その矛盾の中で動けなくなったのがうつ病と呼ばれているだけ
です。

治すのは、ルールであって解釈ではありません。

ルールは、目的に基づいて作られていますから絶対のもので
あるわけではありません。

自分の中の憲法を変えれば治ってしまう症候群です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です